ダクト清掃を行ない、室内もキレイにする。

日本独自の家具

桐たんすを修理して快適に利用しよう

桐たんすは日本では昔から家具の1つとして利用されてきたものです。桐の木が原料となっているのですが、軽くて湿気に強く通気性も良い為たんすとして使用するのはとても最適な材質なのです。桐たんすは現代ではあまり利用されなくなっていますが、修理することによってまた使う事ができるようになるのです。 古くなった桐たんすを快適に利用するためには修理業者に依頼する事です。桐たんすを専門で修理している家具業者は現代でも多くあります。洗浄や壊れている箇所の修理、焼き上げやオイルなどの様々な仕上げ方法を選ぶことができ驚くほど綺麗に仕上げてくれるのです。 費用は10万円以上かかってしまいますが、新品同様になるためけして高い費用ではないのです。

桐たんすの修理出来ます

桐たんすは、古くから着物やシルク衣類などの収納に使われてきました。理由は、日本の梅雨や、冬の乾燥に合う性質を持っているからです、湿度が高い時には、膨張して、隙間から水分が入ってこないように、乾燥時には水分を放出し、内部が一定の状態になるという木材の性質が好まれています。また桐たんすには防虫効果があると考えられていることも、大切につかわれる理由のひとつでしょう。 衣類にやさしい桐たんすですが、木という天然材ですので、長い間には、金具のサビ、引き出しや、扉のゆがみなど修理が必要な事例が発生する場合もあります。また、表面塗装が褪せてきたりするときもあります。愛着のある桐たんすなら、修理に出して、補修、金具を付け替えをするというのも一つの方法です。 タンスの内部や大きさにもよりますが、洗浄、削りなおし、修理塗装など様々な工程で期間は1ヶ月から2ヶ月ほど、金額は10万円台からとなることが多いようです。(金額は作業内容や、痛み具合によって幅があります)今の仕様が気に入っているとか贈りもので大切に使っているという場合は、修理を選択支に入れてみるのはいかがでしょうか。

Copyright (c) 2015 ダクト清掃を行ない、室内もキレイにする。 all reserved.