ダクト清掃を行ない、室内もキレイにする。

スムーズに移動

利便性と景観に配慮した配置を

利便性ばかりを考えて生活主要スペース周りに家具を配置すると手狭になってしまいます。 狭い部屋が落ち着くという方がいますが、移動する際に家具が邪魔をしてしまっては煩わしく感じることでしょう。 先ずは移動するルートを確認しましょう。ドアを開けたら家具がぶつかるのでは家具もドアも傷付けてしまいます。 ドアを開けてぶつからない位置を基点に、壁に沿って配置していきます。ベランダ周辺も余裕を持って間を取ります。 テーブルやソファ、冷暖房器具等はドアの正面から外れた位置にすると移動がスムーズです。 フローリングであるならキャスター付きにすると模様替えや掃除の際に移動が楽に行えますのでそこも考慮すると良いです。 部屋の中心付近に物をあまり置かないようにすることで部屋が広く感じますし、移動の邪魔にならないのでストレスを感じにくくなります。 利便性=移動がスムーズと考えた部屋作りを。

家具の移動は見積りから始めてみる!

引っ越すときにどうしても自分ではできないのが家具の移動ですよね。タンスや冷蔵庫など、他にもベッドなんかはとてもじゃありませんが、自分で運ぶのは至難の技です。そこで今回は家具の移動を行うときのワンポイントアドバイスをしたいと思います。 家具の移動代行をやってる業者はいろいろありますが、価格は大体1万〜4万円ぐらいです。一括代行や家具一つあたりの値段でやる業者もあるみたいですね。 なので一番最初にやるべきことは「見積り」です。いくつかの業者で家具を移動するにあたっての見積もりを出してみてください。見積もりは無料なのでこれで安く探すことができます。そしてもし高く見積もられても、「他の代行サービスでも見積もってもらってる」というと、安くなることもあるそうです。 あちらとしてもスタッフが空いてるよりは価格を下げて働いてもらいたいというのが本音のようです。

Copyright (c) 2015 ダクト清掃を行ない、室内もキレイにする。 all reserved.